歯と歯ブラシの模型

そもそも白じゃない!人間の歯の色は違う

歯の色は白いというイメージがあります。
しかし、その構造を知ると決して白ではないことが分かるでしょう。
どのような構造かと言うと、1番外側にエナメル質という人体で最も硬い組織があります。
エナメル質自体は無色透明です。
その内側に象牙質と呼ばれる部分があるのですが、ここは象牙色、すなわち少し黄色っぽい色をしています。
象牙質の内側には神経などが入っていますが、口元を外側から見たときには象牙質の色が透けて見えるので、黄色っぽい白い色になります。

ただ、皮膚の色が人それぞれ異なるように、歯の色も異なります。
生まれつき黄色い色味が強く出る人もいますし、白っぽい人もいます。
さらに、象牙質の色は加齢とともに濃くなるのが一般的です。
お年寄りの歯が黄色いのは象牙質が黄色くなったのが原因で、放置していても自然に色が薄くなることはありません。
中には、若くても病気の作用や、服用している薬によって黄色くなってしまうケースもあります。

そして、カレーや赤ワインなど着色性の食べ物により歯の表面に色がつくことがあります。
湯呑に茶渋が付くように、歯の表面にも着色が起こります。
煙草と吸い殻 タバコを吸っている人は特にその傾向が強く、ヤニが付着して茶色や黒っぽい色になってしまうことも珍しくありません。
着色性の食べ物をまったく食べないというのは難しいことです。
もし食べても、すぐにブラッシングをすれば着色は落とすことが可能です。
ただ、お茶を飲むたび、タバコを吸うたびにブラッシングをするというのは現実的ではなく、気が付いたら歯の色が黄ばんでいたという状態になります。

歯の表面の着色はすぐに行えばブラッシングで落とすことができますが、放置すると硬くなってしまいブラッシングでは落とせません。
歯科医院で専用の機器を使えば落とすことができるので、気になった場合は受診するようにしましょう。
ただ、機器で落とすことが出来るのは表面の着色のみです。
象牙質などの内部の着色や黄ばみまでは落とすことができません。

人間の歯の色は白い方が健康的で美しい印象を与えることが可能です。
しかし、生まれ持った色には個人差があり、喫煙などの習慣によっても色は変わってきます。
きれいな状態を維持したいのであれば、積極的にブラッシングを行い、定期的に歯科医院を受診する必要があります。
こうすることで、着色を早い段階で落とすことができるので、見た目もきれいになります。
着色が付いたままでは、表面がザラザラしているので汚れが付きやすくなっています。