歯と歯ブラシの模型

歯のエナメル質?歯の構造について知ろう

歯医者で説明を受ける患者

歯の役割として、1つ目は食べ物を噛むこと、2つ目はしゃべることを助けること、3つ目は顔の輪郭を整えることがあります。
ではその大切な役割を持っている歯について、説明したいと思います。

その構造は、外側の表面からエナメル質、象牙質、歯髄という3つの層がからなっています。
口の中でわたしたちが見えるのはごく一部だけで、根っこの部分は顎の骨にしっかりと埋まっています。
口の中から見える部分をシ冠、シ冠から歯茎の中にあるものを歯根と呼びます。
歯の中心にはシ髄腔と呼ばれるものがあり、その中に神経であるシ髄が通っています。

また、歯根の周りにはセメント質と呼ばれる組織が覆っており、このセメント質は衝撃を吸収、緩和して顎に負担がかからない役割を持っています。
セメント質の周りには歯茎膜と呼ばれる組織があり、更にその周りにはシ槽骨と呼ばれる骨があります。
歯はこのシ槽骨と歯茎、そして歯茎膜によって支えられています。

主な組織の特徴を説明すると、まずはもっとも硬いエナメル質からです。
シ冠部の外側の表面を覆っているもので、体の組織の中でもっとも硬いものとされています。
その硬さは水晶と同じほどのもので、菌が侵入しにくい場所になり、色は無色透明です。

次にエナメル質の内側にある象牙質。
ここはエナメル質に比べて柔らかいですので、菌が進行しやすく広がりやすい部分になります。
この象牙質まで菌が進行した場合は、人は痛みを感じます。
エナメル質は無色透明ですが、象牙質の色が黄ばんでいれば、それが黄ばみの原因となり、黄色っぽく見えてしまいます。

永久歯と乳歯の違いを説明すると、まずは色が違うことがあげられます。
乳歯は白っぽく、永久歯は黄色っぽい色をしているのが特徴です。
次に大きさも違います。
乳歯のほうが永久歯より一回り小さいです。
そしてエナメル質と象牙質の層が、乳歯のほうが薄いことも永久歯との大きな違いです。
そのため菌が作る酸に弱い傾向がありダメージを受けやすくなります。

人間は乳歯から永久歯へ1回だけ生え変わりをします。
乳歯の根は次第に溶けて吸収されて短くなり、永久歯が大きくなると自然と抜けてしまうのです。
そして最終的には28本の永久歯が生えてきます。
生きていく上で歯はとても大切です。
特に噛むことや話すことは生きていく上で大切になります。
ですのでその構造を詳しく知り、80歳までに20本残せられるよう努力する必要があります。