歯と歯ブラシの模型

歯の矯正はバレない時代!インビザラインがあるから!

マウスピース

予防歯科の一環として歯科矯正の重要性が声高に叫ばれるようになった現代において、ようやく我が国においても、歯並びを治したいと考える人口が一昔前に比べると増加しています。
それまでは、歯科矯正はお金持ちの家の子供が受けるものといった認識が強く、見た目に美しいからといった点だけが重視されてきました。

しかし歯並びが悪いと噛み合わせにも問題を起こし、身体の歪みを誘発し痛みを伴うようになってしまいます。
また毎日の歯磨きにも問題が生じ、磨き残しができやすく口腔内の衛生が保てなくなってしまいます。
歯並びが悪いまま放置してしまうと、やがては健康を害するようになってしまうといっても過言ではありません。

とは言え歯科矯正の必要性を感じながらも、どうしても治療に前向きになれない要因として挙げられるのが治療中に歯につける装具であるブラケットです。
金属製のワイヤーはかなり目立ち、大人になってからの治療となれば尚更ストレスに感じてしまいます。
最近では透明やカラフルでおシャレなブラケットもあるようですが、やはり見た目に違和感があると抵抗を覚える方も少なくありません。

そんな中大注目されている矯正装具がインビザラインで、歯科先進国アメリカで開発された最新の歯科矯正治療です。
透明素材のマウスピースを装着する為全く気付かれることがなく、見えない、痛くない歯科矯正法と世界中で高く評価されています。
インビザラインなら装具が目立つことはないので、女性だけでなく営業職や接客業に従事する方にも最適です。

さらにインビザラインは透明素材の柔らかいプラスティックなので、金属アレルギーを持っている方にも安心して装着できるという点も最大のメリットとされています。
アレルギーのために治療を諦めていた患者さんにはまさに朗報ではないでしょうか。

インビザラインはマウスピース型矯正装置で、簡単に取り外しができるようになっています。
その為食事の時もストレスなく何でもおいしく食べることができ、歯磨きも難しくありません。
今までと同じように過ごすことができ、生活レベルを下げなくても良いところも大きなメリットだと言われています。
取り外しの際には若干力が必要であったりはめにくい場合もあります。
治療中に装着するマウスピースは全て患者さんの歯のデータをもとに製作し、細かく調整したシミュレーションをもとに作られているので、歯を動かすうえでは必要不可欠なことで何ら心配ありません。