歯と歯ブラシの模型

痛みのない虫歯の怖さ!

痛みのない虫歯の存在をご存知でしょうか。
虫歯はその進行度から5つの段階に分類され、そのうち痛みのない段階は、もっとも軽度であるCOと、もっとも重度であるC4です。
COは歯の表面を覆うエナメル質に穴が開いた状態であり、エナメル質には感覚がないため、痛みはなく、また失われても再石灰化により再生していくために、歯を削る治療は必要なく、生活習慣の見直しにより治療が可能です。

C4は虫歯の浸食が感覚神経の存在する歯根にまで至った状態であり、痛みを感じる神経までもが、虫歯により溶解しており、痛みも感じません。
しかし、放置すると虫歯が他の歯に移る、または虫歯菌が体内に侵入し他の重大な疾患を引き起こす可能性があります。
歯の神経を抜くなどの治療も存在しますが、神経をとった歯は、死んでいるとも言え、他の口腔トラブルの温床になり得ます。

虫歯治療において最も理想的なのはCOからC1の間の早期治療です。
しかし、とある理由が問題を複雑にしています。

虫歯にも急性のものと、慢性のものが存在します。
急性のものは急性う蝕(進行性う蝕とも)と呼ばれ、主に乳歯か、生えて間もない永久歯に発症します。
触ると柔らかく、色は黄色または薄茶色です。
名前の通り急速に進行していくため、早急に治療が必要ですが、その特性のため早期の自覚が可能です。

慢性のものは慢性う蝕(停止性う蝕とも)と呼ばれ、成人の歯に多く発症し、比較的に硬く、色は黒いという特徴をもっています。
痛みのないCOから、冷たいものを飲んだ際に少ししみる程度の自覚症状しかないC1の間をゆっくりと、長期間に渡り進行してきます。
強い痛みもなく、進行も遅いなどの理由から発覚し辛いが、放置すれば最終的には痛みのあるC2にまで悪化します。

虫歯の進行段階、慢性か急性かを自己診断で正確に判断することは難しいため、早期治療と他の口腔のトラブルの回避のために、加えて歯磨きの指導のためにも、かかりつけの歯医者に定期診断を行ってもらうべきです。
費用や診断にかける時間がもったいないとも感じられますが、もし治療が必要なまでに虫歯が進行してしまった場合、治療のコストは定期診断を行うコストを確実に上回ります。
加えて、一度虫歯になってしまった歯は、もう元の状態には戻りません。
詰め物や銀歯をかけた歯は、健康な歯より虫歯にかかるリスクが多く、口腔のトラブルに人より多く悩まされることになります。

エナメル質は再石灰化により再生していきますが、歯の本体とも言える象牙質は、失われればもう元には戻りません。
歯は食事を楽しむことや、他者との言葉を用いたコミュニケーションに必要不可欠です。
それを鑑みれば、定期診断にかけるコストは安いものでしょう。