歯と歯ブラシの模型

軽視できない歯抜け!インプラントの重要性!

インプラントのイラスト

虫歯などで歯が抜けてしまうことがあります。
抜けても問題がないとそのままにしてしまう人がいますが、奥歯が1本抜けただけで噛む能力は半分に低下してしまいます。
歯というのは1本だけ悪くなるのではなく、全体的に進行することがほとんどです。
放置することで、次第に抜ける歯が増えていき、気がつくと噛む能力も見た目も悪くなってしまいます。

歯抜けになってしまうと、固い物が噛めなかったり見た目も良くないのでマスクで隠すという状態になります。
放置することで、お口の中全体のバランスが崩れるので姿勢などにも影響がでます。
上の歯が抜けると、噛み合わせる歯がないので下の歯が伸びるようになりますし、抜けた部分の隙間から空気が漏れて発音も難しい状態になるでしょう。

そこで、歯のない部分にインプラント治療をする患者さんが増えています。
歯の役割は、噛むだけではありません。
歯の移動を食い止めてお口全体のバランスを正しくする必要があります。
奥歯の場合は、集中するときに噛みしめることでいつも以上の力を発揮するという役割もあります。
インプラントは入れ歯とは異なり、歯の抜けてしまった部位にチタンを埋め込むので外れることがありません。
自然な噛み心地を実現した治療で、セラミックの人工歯を使うので見た目もきれいです。

インプラントの重要性は、噛む力の向上だけではありません。
見た目がきれいなので、マスクで隠す必要もなくなります。
歯がないコンプレックスがなくなるため、性格が明るくなる人もいるほどです。
抜けた歯を放置するとかみ合わせが悪くなってしまいますが、インプラントを入れることでしっかりと噛むことができるようになります。

噛み合わせというのは日ごろ意識しませんが、体のバランスをとるために非常に重要な役割があります。
右の歯だけないと左でばかり噛むようになり、バランスが崩れてしまいます。
顎関節症と言って、関節の負担から口が開けにくくなってしまう病気に発展することもあります。
顎関節症は最初は痛みはなく、顎の関節に違和感を感じたり音が鳴るだけです。
そのままにしていると、だんだんと症状が悪化して、痛みや口が開けられないという状態になります。

このように、失った歯の機能を回復するインプラントはとても重要なものです。
抜けた歯はそのままにしないで、早めに治療をする必要があります。
インプラントは自分の歯と同じような感覚で噛むことができるので、とても快適です。